共同開発って、うまくいくんだろうか…

5月 13, 2017

今、新たな仕事でライバル他社と手を組んで開発をすすめる話になりましたが…

果たしてうまくいくんだろうかね?

純粋技術論で、利害関係を超越してやっていければうまくいくんだろうけどさ。大体利害が絡む利益追求団体である企業どおし、しかも同じ商品でことごとく競合する会社どうしですよ…

あきらかに狐と狸の化かし合い

になるんですよ。あぁ、嫌だなぁ…技術に政治ゲームが絡んでくる状況。おいちゃん、政治駆け引きとかロビー活動とか嫌いなんだよね…
気が重いですわ…

そもそも共同開発ってさ、パナビア トーネードとか、ユーロファイター タイフーンとか、だいたい揉めてるし…なんせEUが消えるかもなニュースもあるし、利害が一致しない人たちが集まると、ろくなことにならないんだよね…マジで。

玄人好みと素人好みの差?

5月 13, 2017

先日、ある記事で、Instagramで有名な方の写真のほうが、プロ撮影の写真よりも10倍以上高く売れるという記事を目にしました。
で、その写真を、プロの方に見てもらった所、「シズル感が無い」などの評価でNGだった、という事も書いてありました。

その記事によると…写真の技術だけではなく、そのInstagramアカウントの集客力もあるのだろう、という事でしたが…果たしてそれだけなんだろうか…

プロ、もしくは写真がうまい方、技術に長けている方は、いわゆるその写真に対するスペック(どんな凄い技術が使われているかとか)に目が行っているのではないか。特に職業にしている方だからこそ、その写真を撮る裏にある苦労まで見えてしまうのではないか、と思うのデス。なのでいわゆる、スペック至上主義的な所に陥っているようなきがするのです。

対して、Instagramに投稿した写真で評価されている人というのは…いわゆる大衆受けするところを突いているのだろうなと。そして、それをアピールすることにも長けているんだろう。要はマーケティングに長けているんだろう、と思います。

これ、実は、Appleとその他の戦略に差があると思います。例えば私がよく言う、AndroidスマホとiPhone。実は比較するとAndroidスマホの方がスペックは高いのです。が、日本でウケているのは、iPhoneですよね。この大きな差はなんなのか。

  • Androidはひたすらスペックをアピールします
  • iPhoneは、スペックよりも、デザイン、オシャレさ、ライフスタイルをアピールします

つまり、大衆が求めるのは高性能ではなく、自分の生活がどう変わるか?という事で、そこをうまくアピールできた、ということではないかと。

プロは、お金を払ってくれるクライアントの要望に答えることが至上命題ですが、そのクライアントが、最終顧客の要求とマッチしていないとすると…これは悲しいですね。SNSの場合は、いわゆる最終顧客(市場)がクライアントなわけですから、クライアントの要求に答えれば、自ずと売れるわけですよね…ここを見逃していると、逆転現象が起きるのかな…と。

さて、私も一応写真趣味としているので、私が撮影した写真が、評価されると嬉しいなと思うわけですが、さて、評価とは結局評価者に迎合することにもなるわけで。そうすると、私が撮りたい写真から離れていく事もあるわけで。なんか職業アーティストがぶつかる葛藤のような気もして、私ごときがおかごましい気はしますが、何となく今は、

趣味だからこそ、自己表現ができる!だって、趣味は自己満足でいいんだもの!

その延長で、自然と評価されるようになると嬉しいけど、そこに一喜一憂せずに自由にやれるのは趣味だからこそだ、と思うようにしました。
まぁ、もちろん評価もされたいけどね。迎合はしたくないなぁ…あぁ、葛藤…

ようこそ!そしてさようならGW

5月 6, 2017

今年のGWは、土日繋がりも手伝って、超長期連休でしたね♪5/1,2も休めば、9連休♪いや~

楽しかった(泣)

長い休みでも、過ぎてしまうとあっというまですね…結構いろいろやったはずなんだが…さて、GW明けたら長いお仕事のスタートですわ。またきつい年がスタートしそうだなぁ…

今こそチャンスだろうに…

4月 25, 2017

今こそ証明するときです。話し合えば、戦争の危機は回避出来ると

今、まさに最大の危機が訪れていると思うのだが。過去声を大きくして言っていた方々から、まっっったくその辺の話が出てこないのは何故でしょうね。しかも精力的に活動されている気配もないですねぇ。

今日まさに復興大臣辞任しました。その際の被災者の一言「所詮他人事だから、ああ言うこと言えるんでしょ」 多分、過去声を大きくして言っていた方々にとっても、自分に降りかかるとは思ってないのでしょうな。他人事なんでしょ。日本は攻められないと思ってるんでしょ。自分の事になると途端に口を塞ぐ。ほんま、想像力が無いよ。マジで。

アップデート祭!

4月 16, 2017

さて4月に入り、いろいろとアップデートがやってまいりました。

その1:Android7.0
まずはスマホがAndroid7.0にアップデートされました。表示の仕方がいろいろ変わったけど、今ん所そんなに大きな変更はない…

その2:AndroidWear2.0
スマートウォッチのAndroidWearがアップデートされました~。これ、かなり操作系が変わったので難儀しています。メールとかLINEとかのメッセージが、全て閲覧できるようになったので、便利にはなった~かな。

その3:Windows Creator Update
これが最もでかい変更でしょうかね。3D機能が強化されたと言われていましたが、ワタシ的に一番大きかったのは、Ubuntu on Windowsが16.04LTSベースに更新されたことでしょうかね。それで、Windows用Xサーバとかも設定してみたのですが…

ネットワークファイルが使用できない!

他にもまだデバイスサポートがいろいろ出来ていなくて…意外に使い出がなかった…

さて。せっかくXサーバ設定したので、Linuxで動くGUIとか活用したいのですが…今大体Windowsで動くので、あまり使い所ないのですよねぇ…

誰か!Linuxでしか動かない便利なツール、教えて!!

割に合わんな-

3月 26, 2017

今回、あるイベントで、インフラ周り(ネットワーク系や、会場内での諸々の手配など)を担当し、完全に黒子として裏方で働いておりました。
で、結果論、そのイベントは表面上うまくいき、大々的に成果も発表されました。最も、内情はグダグダ。とにかく、計画が直前まで定まらず、裏方で懸案事項を色々挙げたりしたわけですが、なかなかその不安事項等伝わらず…で、結果論強引に事を推し進めて、何とかまとめたわけです。

で、雨も雪も降る中、インフラ設置のために文字通り泥まみれになって作業を行い、何とか終わらせることができました。

が、まぁ、ワタシはなんも名前など出るわけ無いわけで。完全な黒子なので。しかも、インフラって、出来て当たり前の線引くだけの仕事と思われているので、結構軽視されてるんだよね。実際の作業で最も大変なのは工事なのに。
で、華々しく脚光を浴びるのは、計画を定めてくれず、グダグダだった取りまとめ役なんだよね。

なんか正直割に合わん

と、思うのは、ワタシだけかなぁ…尊敬できるリーダーなら頑張るんだけどね。尊敬できないリーダーの裏方って、なんともやるせないな…

首都圏エリアとその他のエリアのギャップ

3月 17, 2017

ワタクシ、今回もまたまた田舎に長期滞在。2週間程福島でお仕事しておりました。

先日、311な日に改めて津波の被害地域である、宮城、岩手等の復興の様子や、福島第一原発の状況など特集され、ニュースサイト、SNSもその話題でもちきりでしたが…

2017年は、嫌になるほど目の当たりにした

出張先は、仙台経由でないと入れないし、常磐線は原ノ町で止まってしまい、竜田間が運休でしたし、ニュースで散々話題になった浪江町も見た。沿岸地区ではない浪江町駅周辺は、建物も多く残っているにも関わらず、全く人の気配がしない。正直異様でした。崩れて傾いた神社もそのまま。6号線も帰宅困難地域に指定され通行止め。いたるところに線量計が設置され、0.2~6μSvの線量が検出されている。除染や、護岸工事も真っ最中で、沿岸地域は広大な更地。お仕事でお世話になった地域の公共施設には、2時46分18秒で止まった時計、地震前の農村風景の写真。目の前の風景を見るだけで、正直心が痛かった。私達のやる仕事が、地域の復興の手助けに、少しでもなってくれればと思わずにはいられなかった。別に3/11でなくても、毎日突きつけられる現実でした。

まぁ、そんな地域に3月頭から常駐し、最後の総仕上げの準備として、現地の公共施設をお借りして、準備作業をしておりましてね。その地区長さんがいい人でね。

まぁ、全面的に協力するから、なんでも言ってくれ。施設も好きに使ってくれていいよ。深夜何時まで作業してもいい。でも、戸締まりが必要だから、終わる時は必ず連絡してくれ

おお!なんて懐が深い方なんだろう!

でも、である。田舎のさ、農家のおじいちゃんなわけよ。深夜って、21時ぐらいなもんよ。うちら子供の頃は、21時には家族全員寝てました。19時には、店も閉まってる。田舎ってそ~言うもん。でもね。

首都圏で働いてる連中って、そういう常識を考えず、自分たちの都合だけで考える奴らが多い

地区長さんが何時でもやっていいって言ってるんだから、甘えようよ。

馬鹿かと。アホかと。小一時間問い詰めたい。

現地入りした当初は、私を長とした3名だけだったので、ワタクシが連絡をして、開け閉めしてもらってました。私は、常識的に作業開始9時、終了18時として、それを超えて作業する場合は19時には一度連絡を入れて、何時まで行うかを日々伝えておりました。また、人様の施設を借用しているわけですから、日々片付けやゴミ掃除など、徹底しておりました。
次の週は、10社さん近くの会社さんが集合し、さらに主催の団体さんも入場されて、会場設営の準備が始まるため、地区長さんへの連絡諸々、主催団体の実行責任者に引き継いだわけです。

そしたら地区長さん大激怒

「施設はドロやゴミだらけ、何時まで使うか連絡もない。どうなってんだ(゚Д゚#)ゴルァ!!」

もしかして、俺のときもそう思われてたのかしら~、と心配したのですが、引き継いだその日から、その団体の打ち合わせで夜10時近くまで連絡なしで居座っていたそうで。そりゃー怒られるわな。

でもねー。その感覚が理解できないみたいで

40超えたいい大人なのに、不惑なはずなのに。なんて人間イケてないんだろうと思いましたよ。

何が言いたいかって言うとね。些細な事なんだよ。経済活動の相当数を占める首都圏の、全人口の30%弱の人間どもは、都市圏エリアの常識が、れが日本の常識だと思い込んでいる。が、70%の人達からすれば、そんなもんは常識じゃない。関東エリアのマイノリティだということを理解しよう、ということ。
だから、色んな事が風化していくし、復興などに対する温度差がある、って言われたりするんじゃねーのかな、ということ。なんだよ。

郷に入りては郷に従え

ていうでしょうよ。その地元の文化を理解しようよ。たった、それだけの努力で、相当違うんじゃないかな、と思うんだよ。どうして、異文化を排除しようとするんだよ…今回、そういう輩が多すぎて、正直辟易しました。人が増えるとろくなことがねーよ。

イベントも一段落し、今、最後の後片付けで、たった一人現地に残ってます。

すごく、ホッとする。心が休まるよマジで

私は冷たい人間なのかしら

3月 5, 2017

今、私は、東日本大震災の被災地にいる。復興はまだ続いている。
その壮絶な爪痕と、311は終わっていないという重みを味わっている。
と、いう話を話した。

ある人は言う。

そんなものは大したもんじゃないよ。被害に遭って、大事なものを失った人たち心の悲しみは、もっと重いよ。

なるほど。確かにそうだ。その痛みは人それぞれ。だから、正直私ごときに推し量れる辛さではない。
が、もし私なら?その当事者だったら、どう思うだろう?と考えてみた。多分、相当死生観が異なると思う…

人は、死ぬ。何らかの形で死ぬ。天寿を全うするのか、事故なのか、病気か、天災か、それとも…自殺か。死因はともかく、人は死ぬ。明白な事実。なので、死ぬこと、この世からいなくなることを悲しいとあまり感じない…それは、運命だったのだ。寿命だったのだ。だから、ある意味、自然に天に召されたのだ。自然の摂理なのだ。と思う。
そういう意味では、場所が離れることもそんなに悲しいとも思わない。卒業とか、就職とか。移動とか。だって、会えなくなるわけじゃない。居るんだから。この世に。ならばまた会える。
何故だろう?多分、私は、小さい頃から「死」が身近だったからなのかもしれない。
母の父(つまり母方の祖父)は、戦争で死んでいるから会ったことがない。祖父、祖母。多くのペット。犬や猫。私が実家にいる間だけで、何匹引き取り、何匹死んだだろう。10匹では効かないだろう。息を引き取る瞬間を看取ったことも何度もある。
ブルーインパルスの墜落事故という、常識を覆すような事故も目の当たりにし、ふとした機会にお会いした自衛隊のパイロットが、1年後事故で帰らぬ人になったこともある。子供の頃遊んでもらったお姉さんの自殺もあった。逆に、やぎの出産とか毎年見ていた。なんというか。生も死も本当に身近にあった。それは輪廻であり、自然の理だし。

じゃあ、何が悲しいことか。私が思う悲しい死とは

  • 犬死に。全く意味無く死んでいくこと
  • 私が万全を期すことができずに、そのせいで犠牲を生むこと

正直、これだけは耐えられない。出来ることは全てやった。でも死んだ。それは、もうどうしようもない。手は尽くしたのだから、これ以上なにもしようがない。寿命だったと諦めるしか無い。
が…例えば何らか私が作ったシステムの不具合のせいで、誰かが犠牲になるとしたら?もしかしたらその不具合がなければ、助かったとしたら??正直私は耐えられない。自分を責めるだろう。この世界から身を引くかもしれない。ベストが尽くせない事が怖い。
かつて東日本大震災のとき、松島基地が水没し、救難活動ができない事があった。その時取材された自衛隊の広報の方の涙。
「こういう、日本の危機を救うために日々訓練してきたのに。まさに今がその時なのに、何も出来ない。その無力さが、どうしようも無く悔しくて…」
その涙が、痛いほど解る。
解るけど。ある意味私は「自分は頑張った。ベストを尽くした」と言いたいだけ、なのかもしれないな…そんな私は、少し死生観が狂ってるのかも、しれないなー。なんて…思ったのでした

人が絡むと、面倒ばっかり

3月 4, 2017

大勢で作業をするチーム。

この方面は○○お願い、あっち方面は△△お願い。こちら方面は□□お願い。
みんなで分業して仕事を進めます。

  • 大体、予定通り仕事してくれない
  • しかも、その状況が共有されない
  • で、仕事が遅れて割を食う

お陰で、帰りも遅れるし、電車の窓口でちんたら問い合わせしているおばさんのせいで新幹線乗り遅れるし、帰りも遅くなるし…

あーもー!人が絡むとろくなこと無い!

私の想像を超える、凄い働きをする人とやりたい…

と言うと、語弊があるかしら??

俺自身、使いづれーと思われてるかもしれないし(笑)

私は真の飛行機好きではないのかもしれない

2月 14, 2017

私、写真を始めたのは、飛行機、というよりも正確には

ブルーインパルス

が全てなわけです。浜松で生まれ育ち、ハチロクブルーが描くスモークに触れ、その美しさに魅了されたことがきっかけでした。
つまり、飛行機が好きというよりも

アクロバティックなフライトや、機動飛行などの派手な機動が好き

なのです。で、最近飛行機写真のコアな人たちと触れ合う機会が多くなったわけですが

ん~、正直、付き合いきれない…

飛行機好きにもいくつかあって。

  • 戦闘機vs旅客機 もちろん両方好きもいる
  • 機体そのものが好きvsもろもろ含めた風景が好き

言うなれば、戦闘機の機動飛行は車で言えばレース、電車で言えば新幹線ですかね。旅客機は乗用車もしくは通常路線かな。
で、機体そのものが好きな人は、とにかく珍しい車両なら押さえとく派。もろもろ含めた風景好きは変化を好む訳で。
で、コアな方々は、戦闘機も旅客機も両方好きで、基本機体そのものが好きだということ。

私は

戦闘機で、もろもろ含めた風景

が好きなんですよね。そこにギャップが有ることに気づいた。皆さん、ポイントにくっついて、飛行機がきたらばとりあえず毎回連写。

ごめん、同じような写真ばっかりで飽きちゃうんだわ

しかも私…スペシャルマーキングとか特に興味がない。R2-D2だろうが、ドラえもんジェットだろうが、別にどーでもよい…

ド迫力の爆音の、ド派手な機動がみたい

ので、1日空港で旅客機を見る?正直耐えられん。同じような写真ばかりで飽きてこないかしら…いや、多分大量の写真のなかの一部のセレクトなんだよね。そうですよね。でもねー…

三脚立てて、一日じっと待つという、風景写真的な撮り方は性にあわない

スタイルがスナップ的なので、サッといって、サッと構えて、シャシャシャっと撮る。ささ、移動移動

のほうが楽しい!

多分、私は中途半端なんだろうな。でもいい。趣味なんだから、

私が楽しくないことやってもしょうがない

飛行機は航空ショー専門で行こう。マジで。

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード