ブラックペアン、面白いですなぁ

7月 7, 2018

先日放送が終わったブラックペアン、とても面白かった。人間の技術と、最新テクノロジーのせめぎあい、大学病院内/間の派閥争いなど、

他人事とは思えない

内容でした。おじさんのすぐとなりでもよく起きている事象ですな。また、主要な登場人物も特徴的ですね。

  • 渡海征司郎:手術の腕はものすごいが、出世に一切興味がない、手術職人。手術室の悪魔とも呼ばれる超絶技巧の持ち主で、何人もの医師を潰してきている
  • 高階権太:ライバル大学から送り込まれた、アメリカからの最新鋭テクノロジー手術器具で人間の腕の差を超越しようとする。が、東城大学と帝華大学の権力争いの間で揺れ動く
  • 佐伯清剛:東城大学の医局長。「佐伯式」という手術手法でのし上がった、医療界の重鎮。
  • 西崎啓介:帝華大学のナンバー1。佐伯と理事長の座をめぐり対立。腕は無いが、研究でのし上がる。

と、4者が主要登場人物で、しかも4者とも違うキャラクターですよね。これは私見ですが。

どのキャラクターも、誰もが通過するような時期の人間である

私も、このキャラクターと共通する時期、あった。渡海は20代。西崎は30代前半、高階は30代後半から40代前半、佐伯は40代後半~今。

どーいうことかというと。20代は、自分の腕に絶対的自信をもってて、自分の能力がすべてなんですよね(渡海)。30代前半は野心いっぱい。出世にも貪欲でした(西崎)。30代後半から40代は、だんだん出世という欲も収まりつつあるんだが、自分と組織の間で揺り動かされて、なかなか自分の思うがままには行かない時期(高階)。そして今。人間にも技術にも限界はあると思い知らされ、双方の共存が必要だと気づき、なんとか後進の育成も必要だと思い出す頃(佐伯)。

つまり、どのキャラも自分なんだな

渡海みたいに、「技術がない技術者なぞ>>1氏ね Σ(´Д`lll)」とほんとに言ってたときもあったし。西崎みたいに、「インパクトファクターが欲しいんだよ」とも言ってた時期もあったし。高階のように組織と自分の板挟みに合って、「立場からは逃れられんのだな…」なんて思ったときもあった。そして、「最後はやっぱり人だ」と佐伯のようなことも言っている今。

多分どれも正しいし、どの立場も間違いじゃないんだよなぁ。だからかねぇ。引き込まれるのは。もう一度見返したいくらいのいいドラマだったなぁ。うん。

正々堂々って、綺麗事だよねぇ。

7月 1, 2018

ブーイング覚悟で選んだ「敗戦策」。西野監督の決断がもう1戦を生んだ。

正々堂々、力押しで勝つっていう潔さを望みますがね~。わかりますよ。そのほうがストーリーとして盛り上がるのは。

どんな手を使っても、決勝に進出できればいいのか?とか言う人達も居ますけどね

いいんじゃないの?

どんな手を使おうとも、非合法でなければ、結果が出たんだから。もしもですが。攻めて負けたらなんて言われるんでしょうね。

無理して攻めなくても決勝に出れたのに、愚策だ

とか抜かす無責任野郎がいるんでしょ?力押しで勝つ以外、どんな手段であっても責められるのであれば、まだ結果が残ったほうがマシだよね。100点取れなかったとしても、少しでも上の結果を目指そう。我々でも苦境に立たされたらやりますよ。正論を振りかざすのは簡単である。でも、その無責任な正論が

出来るんなら最初からやってるし、それで結果だしてんだよ

なぜそういう手段にでているのか。出ざるを得ないのか。それを判断できるのは、周りじゃない。自分たちである。

大体、正論振りかざして避難するやつは、その件に一切責任を持ってない連中であるから、聞いてて余計腹が立つ

しまった、今の心の声がつい…(笑)

感動は心の余裕から

7月 1, 2018

趣味なこととか、写真とかって、素直に心を写す鏡のような気がする。

というのも、なんも写欲が湧いてこないから

2~3ヶ月前ぐらいは、無理矢理にでも被写体を探して、なんとか毎日1枚的な活動をしていたのですが。
今、感動が一気に失せた。世界が色を失って見える。焦りに心が奪われて、周りの景色が目に入ってこない…そんな状態だと、撮った写真も正直つまらん。ん~、どうすっべかなぁ。一人静かに物思いに耽る時間がほしい~

ひとごとと思えなネタ

6月 21, 2018

「よろしくメッシ」預けて終わりサポートも走らず

やばすぎる。今の仕事の状況がこんな感じになりつつある。人が櫛の歯が抜けるようにいなくなり、ほとんどの問い合わせや依頼がこちらに回ってきてて…

判断をするにも脳みそがパンク状態である

誰しも、処理能力には限界があるってことでしょうかね…( ̄へ ̄|||) ウーム

「(´へ`;ウーム、デスマ化してきた…

6月 14, 2018

今やってる案件、バタバタと人がいなくなっていくとです。病気やら、怪我やら…なんか呪われているのかしらと思うほど~…
で、人員の増強を先月からかなり強硬に申し入れしているんですが、一向に増える気配がなく…なので、個人的にも過去に仕事したことある人やら、いろんな方に人をあたり始めました。
いなくなった人が抱えていた案件分ががさっとこちらに降ってきており、整理がつかなくなってきており、頭の処理能力の限界を超えてまいりました。おかげで、夕方になる頃には、脳みそヘトヘト、頭痛まで来る始末です。

真面目にこのままでは、おいちゃんもヤヴァげだわ…まいったなぁ…( ̄o ̄;)ボソッ

心の余裕と写欲は比例するのね

6月 11, 2018

最近、仕事で、責任が偉くのしかかってきてしまいました。と、いうのもさ。今までメインで働いておった奴がメンタルで倒れちまって。で、そいつが抱えてた仕事が全部こっちにやってきちゃって。

身動きが取れなくなった~!!

そしたら、他のことがあんま見えなくなってきて。正直、心の余裕が消え失せた感じです。すると不思議なもので、心のエネルギーを消費するせいか、いろんなことが億劫になってくる。で、写欲が当然のことながら失せてくる…

ヤヴァイ。これはヤヴァイ傾向だよ…

心の健康のためにも、少し気分を入れ替えたいところですが、ねぇ…なかなかそうも行かないココ最近。どうやってリフレッシュするかねぇ…

久しぶりに人間嫌い発動?

5月 22, 2018

最近、私の所に一杯人が集まってきます。一見人気者です。だが

大体トラブルや問題がある人が相談に来るだけ

マネージャの仕事はトラブル解決であると、理屈で分かっていたとしても。

こういうときは寄ってこられるだけでイラッとする

俺の仕事をさせてくれよ…

絵に書いたようなエリートっているんですねぇ

5月 19, 2018
  • 若くて
  • イケメンで
  • スポーツマンで
  • 多分成績も優秀で
  • デカイプロジェクトの中心人物

という、最高のカタログスペックのエリートって、いるんですね~。いろいろな環境の方と会う機会が多くなって、そういう人ってのも世の中にいるんだなぁと分かりましたよ。

すっげぇムカついたけど

すっげぇ見下された目で、「どういうお考えで、お話されてるんですかねぇ?」とか偉そうに言われて。俺が最高に嫌いなタイプ。どん底なんて経験したことも無いんだろうなぁ。いつか味あわせてやりてぇなぁ…俺ってゆがんでいるんだろうか。

なんか腐臭がしてきた…

5月 19, 2018

昔、ぼう公共機関向けの案件を始めたときにね。こんな事があったの。

数年かけて準備してきて、さあ、ついに実際に案件をとりにいくために入札に向かう時に! それまでの人が全部引っ剥がされて、自分一人になってしまった事がありました。
結果、当然のごとく失敗しました。まっかっかの赤字だし。品質も最悪だったし。

さて。今。新たな案件にチャレンジしようとしておりますが

全く同じ状況になりつつある

そんな現場に、今年からいきなりあてがわれて、状況を聞いて最悪の状況だとしりましたよ。

なんなんだよこれはぁぁ!!

なんかほんままずい気がする…

カメラって、難しいのかなぁ。

5月 12, 2018

あ、もちろん『作品として仕上げる』クリエイティブな事は、非常に難しいです。あくまでも機械的な事ね。

今、仕事とかでも『撮影をする』という行為はよくありますよね。記録とか分析とかで。で、灯りのない暗いところで、機器の点検のための撮影をするって作業があるそうで。
高感度カメラではノイズが多くて使い物にならない~。どうすればいいんだ~と。

で、カメラのことなんていろいろパラメータがありすぎて、綺麗に撮影するにはどうすればいいんだかわからないんだって。で教えてあげました。

  • レンズの明るさ
  • シャッター速度
  • ISO感度

3つしかパラメータは無いと。で、暗いところで撮るのであれば、あとは2つの手段しかない。

  1. スピードライト撮影
  2. 手ブレ補正

どっちかじゃない?と。すると、どの機種を選んだら良いんだかわかんないんだって。なもんで、SONY α7S、OLIMPUS OM-D、Panasonic G9Proがいいよ。手ぶれ補正があって、小型軽量だから、と。
後は離れたところでリモート撮影するのはどうすれば良いんだ-と。WiFiでいいんじゃねーの?って言ったんだけど…だめなんかねぇ。

私からすると解決策なんていくらでもありそうだけど、こんぴーたのプログラムしか作ったこと無いうちのメンバーら門外漢だと、難しいもんなのかなぁ。
前の仕事のときもそうだったんだけどね。システムを構築するのって、いろんなモノを組み合わせてある目的を達成するシステムを作り上げるので、色んな技術の寄せ集めになるわけです。
コンピュータ、プログラム、ネットワーク、電源、映像音声機器とか。そういうものってさ。一見仕事に必要ないから無駄だと思って切り捨てるよりも、トリビアでも何でも良いから勉強しておくと、いつかどこかで役にたつもんだよねぇ。ほんと、ムダ知識なんてないんだなぁと改めて思う。最近カメラが趣味ということが、ある種強みになりつつある。SNSやインスタ等で取り上げられていることも一つ底上げのきっかけになってるんだろうなぁ。こういう事で、飯くえないかなぁ…そうすれば、こっちとしては左うちわで仕事が捗るんだけど。

 
Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org
ページ内検索

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

メインメニュー

サブメニュー
自宅鯖計画

Gentoo Linuxな生活

玄箱HGにGentoo格闘記

航空ショーへ行こう

モータースポーツな世界

奥深き写真の世界への誘い

我思う ゆえに我あり



携帯用QRコード